ぷーのブログ

【体験談】本音で生きれば、自分の環境は絶対に良くなる!

今回は、僕が、経験した、

  • 社内で辛いチームにいた体験
  • それでも自分を貫き通した
  • 異動させられる事に
  • でも結果、最高の環境が手に入った
  • いい環境は、自分のちからで変わっていける事に気づいた

話を書いていきます。

この記事は、以下のような人に読んでほしいと思っています!!
「会社の不満が爆発」しそうな人
「なんで恵まれないんだろう」と抱え込んでしまう人
「自分が悪いのかな。。」と毎回上司の意見を受け入れてだけの人

自分の環境は自分で変える事ができるんです!!

では、僕の身に起こった少しの衝撃ストーリーからご紹介します。

本音を突き通し、事業部長への反抗で評価はダダ下がり | 最高の環境を手に入れるための試練

僕は、社内で新規リリース案件の担当をしていました。
構成としては、

  • 僕が、営業、企画、制作ディレクション、社内の処理諸々
  • フォローのために1人の上司
  • その上に決裁権を持った事業部長

という構成。

自分自身の案件ということで、しっかりとリリースを進めていました。
過去にも先輩の下で、同じようなビジネスモデルの案件をやっていた事もあったので、
経験を踏まえ、結果が出るよう一生懸命仕込んでいました。

実際に、効果のありそうな施策、そうでない施策も理解していました。
また、必要な社内フロー、あまり重要でない社内フローももちろんイメージが出来ていました。

そんな時、事業部長から、

事業部長

事業部長
○○やるにあたって要点まとめて提出してー。

と。

この○○は、社内の案件リリース時には当たり前のようにやっていますが、
サービススケールには、本当に不要だと痛感していました。
リソースかかるのに効果はないし。。。
しかも、それをやる以前の要点を提出?!

対外的なブランディングに必要なだけなので、リリースして落ち着いてからやればいいや。と思っていました。

なので、

ぷー

ぷー
○○は、前回もこれぐらいの効果だったので、今リソースを割いてまでやるべきだと思わないんですが…

と言葉を選びながら言いました。
すると、

事業部長

事業部長
対外的に必要なんだよね。あーでこーで…
ぷー

ぷー
それは理解出来ているんですが、やはり今の段階でそこにリソース割くのはもったいないと思ってまして…
事業部長

事業部長
ほんと、ぷーは視野狭いよね…

という流れになり…
僕の気持ちを理解してくれていた上司が、

上司

上司
もう理解してもらえないと思うから、ちゃちゃっとやっちゃおうか。
と。

いやーほんと参りました。
それ、ユーザーさんにとって全く関係ないやん!!と。

それでも本音は貫き通しました。 | 最高の環境への第一歩だった

その後も、意味のないと感じたものは、

ぷー

ぷー
意味がないと思います!

と言うように。
もちろん、意見を聞いて必要性を感じたものは、やるようにしましたが。

ところが事業部長は社内での自分の立場が重要みたいで、
ほとんどの要望が社内アピールのため。

そのたびに、

ぷー

ぷー
意味がないと思います!

と言い続けました。

結果、無事新規案件をリリース。
社内では異例じゃないかと思うぐらい、遅延も大きな問題もなく。

ところが、案件リリース直後、事業部長に呼び出され…

事業部長

事業部長
どこどこの部署が欲しいって言ってくれてるよ!
ぷー

ぷー
今の案件はどうするんですか?
事業部長

事業部長
(上司)がいれば大丈夫でしょ。運用部分引き継ぎをしてくれる?
ぷー

ぷー
いや、考える時間を頂いてもいいでしょうか。向こうの話も聞きたいので。
事業部長

事業部長
もちろん!私は、会社が行けといったら行けよ。って思うけどね。
ぷー

ぷー
(異動させたいんだな)

その後、結局異動になることに。
異動先の先輩の話を聞くと、僕のことを思ってくれていたのもあり、嫌な話ではなかったので。

ただ、新規案件を手放すのは泣く泣くでした。
今からどんどんスケールさせていくビジョンが見えていたのに。

まぁこればかりは抗えず、異動先の事業で頑張る事に。

結果、最高の環境が手に入った。 | ついに実ったと実感!

異動先でも、僕は自分を貫きました。

ぷー

ぷー
以前はあれこれだったので、あまり効果がないと思います。
今の上司

今の上司
あーそうなんだ。じゃあちょっとステイにしようか。あれこれを優先しよう。

といった具合。

もちろん、

今の上司

今の上司
それは違うよ。あれこれだから~~

となることも。でも僕が納得する内容を用意してくれます。

本当に今、働きやすい環境にいます。
しかも非常に評価をして頂いていて、異例の昇級コースを用意してくれています。

まさに最高の環境が手に入ったんだなと。
思わぬ形でしたが。

最後に。自分に嘘はつくな。環境は、自分で変えられる!

もう言いたい事は理解して頂けたと思います。

自分が良いと思うこと、悪いと思ったことは、上司であろうが貫いた方が良い。
これで合わない人は勝手に離れていくか、離されていきます。
僕のように。

でもありがたい事に前のチームの人は、未だにご飯に連れて行ってくれたり、面白そうな話を持ってきてくれたりします。
良い人は、離れずいてくれるなと。

事業部長は、結果が出ず、会社から少しつらい人事異動をする羽目になったみたいで、申し訳ないですが。
まぁ結果がでなければ仕方ない。それが会社なので。

結果、社内政治をどれだけ頑張っても、見る人は見ている。という事なのでしょうか。

今、社内の環境で困っている人は、
まずは、

  • 自分が正しいと思うことをきちんと発信する。
  • 心の中にだけで留めない

ということをやってみてはいかがでしょうか。

全く意見を聞いてくれない人もいるかもしれません。
僕と同じで異動になる人もいるかもしれません。

でもその時は、その時。
きっと少しずつ自分にあった環境に向かっていけるのではないでしょうか。

ネガティブな体験談でしたが、
悩んでいる方の、励みに少しでもなれば嬉しいです!

悩んでいる暇はありません!
あなたらしく、いきましょう!

関連記事

毎月残業が当たり前になっている会社員の方。それ、やばくないですか?

ムダな研修多くない?

全ての会社・人事の方へ。無駄な研修多すぎませんか?